Apple

Apple信者がiPhoneからAndroidに買い換えるときの注意点

iPhoneからAndroidに買い替えたいけど、「AirPodsとのうまく接続できるの?」「MacとAndroidの相性は?」など、Apple製品をたくさん持っている方がAndroidに買い換えるとなると、その他のApple製品との連携がうまくいくのか、とても不安ですよね。

iPhoneからAndroidに買い換える場合に気になる、AndroidとApple製品・サービスの連携についてまとめました。

 

この記事のAppleの定義

多種多様なApple製品・サービスを利用しており、各製品同士で連携をとっている

製品の例

iPhone, iPad, Mac, Apple Watch, AirPods, Apple TV など

サービスの例

iCloud, App Store, CarPlay, Apple TV+ など

「Apple信者=Apple製品をたくさん使っている」と思ってください(あくまでこの記事ではです)。

 

iPad・MacとAndroid

iPhoneを使っていた頃からGoogleのサービスをメインで利用していた方は、比較的スムーズにAndroidとMac・iPadの組み合わせで利用できると思います。

また、Mac・iPadでカレンダーや写真、リマインダーを利用してない場合も困ることは少ないです。

 

AirDropなどデータのやりとり

AndroidとMacではAirドロップを使えません。MacとAndroidで写真や動画をやりとりする場合、Google DriveやDrop Boxなど、クラウドストレージを利用しましょう。特に動画ファイルの場合、LINEでやりとりすると劣化するため注意が必要です。

 

写真や動画を共有

Google フォトがおすすめです。今までiCloudで保存していた写真や動画も簡単にGoogleフォトに移行することができます。また、「高画質」設定で保存することで、無料かつ無制限のアップロードが可能です。

google フォト

Google フォトの設定

高画質

元のファイルサイズを高品質のまま圧縮し、無料、無制限(写真は1,600万画素、動画は1,080pに圧縮される)

元のサイズ

元のファイルサイズで保存、15GBまでは無料、15GB以上は有料

 

iCloudカレンダーとAndroid

iCloudカレンダーはApple製品との相性はとても良いですが、Androidとの相性は悪いです。iPhoneからAndroidに買い替えた場合、ついでに標準で利用するカレンダーも変更しましょう 。

様々なサービスで使えるGoogleカレンダーがおすすめです

どうしてもiCloudカレンダーをAndroidでも使いたい場合、AndroidアプリのSmoothSync for Cloud Calendarを使ってみてください。AndroidでiCloudカレンダーを使うことができるアプリです。

 

メモをAndroidと共有

iPhoneで使っていた、iCloudのメモ(Macに標準搭載されているメモアプリ)もAndroidでは使いづらいです。代わりに、Google KeepやOne Note、Evernoteなどを使ってAndroidとMacのメモを共有しましょう。

google keepなど

 

Apple WatchとAndroidの相性

iPhoneからAndroidに買い替えたときに、Apple Watchは使えるの?と思う方も多いと思います。

結論から言うと、下のような使い方であれば、Apple Watchを使うことができますが、Androidスマホとの相性がよいWear OSを使うと良いです。

 

Apple WatchとAndroid

  • Apple Watch単体でiPhoneと通信させずに、単体で利用できる機能のみ利用する
  • iPhoneを持ち歩く
  • Apple Watchのセルラーモデルを利用する

Apple WatchはiPhoneと一緒に利用することで力を発揮します。iPhoneのために作られたといっても過言ではありません

iPhoneからAndroidに買い替えた場合、同時にWear OSに買い換えると便利になります。

Wear OSはGoogleが作っているスマートウォッチ用のOSです。Androidスマホとの相性が抜群です。

Apple Watch単体で利用できる機能

Apple Watch単体で利用できる機能はこのようになってます。

  • Apple Pay
  • ワークアウトや心拍数などのフィットネス機能
  • ミュージックやボイスメモなどの通信を必要としない部分

Apple Watchがインターネットにつながってる(Wi-Fiまたはセルラー)かつiPhoneもインターネットにつながってる状態で利用できる機能

  • 通知の受け取り
  • 電話受け取り(iPhoneに通話できるSIMが必要)
  • Androidに電話がかかってきたことをApple Watchに通知
  • インターネットを使うアプリ全般

Androidに受けた電話をApple watchに通知したい場合、Apple Watchを常にWi-Fi接続することは難しいため、セルラーモデルのApple Watchを利用することをおすすめします。

また、Androidに電話がかかってきたことをApple Watchに通知するためにはIFTTTを利用するなど工夫が必要です。(後日記事を出します)

 

Air PodsはAndroidで使える?

airpods

Air Pods (Proも含めて)とAndroidを組み合わせて使うことができます。iPhoneからAndroidに買い替えても安心ですね。

ただし、下の機能は使用できないため、注意が必要です。

 

Apple WatchとAndroid

  • 着脱を検知して音楽を再生・停止
  • ダブルタップで行う操作を割り当てる(デフォルトのままであれば、ダブルタップを使用できます。)
  • Siriの起動
  • Android上でAir Podsのバッテリー残量を確認

Air Pods Proの場合、Androidと組み合わせて「ノイズキャンセリング」や「外部音取り込み」を利用することができます。

 

AndroidでiCloudを利用する

メモやiCloudメール、iCloudドライブなど、AppleのサービスはiCloudと紐付いています。iPhoneからAndroidに買い換えた場合でも、一応iCloudを利用することができますが、ブラウザ上で操作しなければならないため、不便です。

AndoroidでiCloudを利用する

  1. iCloud.comへアクセスする
  2. PCサイト表示にする

 

Androidに買い換えるならAppleのエコシステムから抜け出そう

Apple製品はApple製品同士の連携がとても強いです。しかし、他社製品との連携はいまいちな場合が多く、さらに、iCloudなどのインターネットサービスは、他社製品と組み合わせてもほとんど使うことができません。

iPhoneからAndroidに買い換えを考えている方は、少なくともiCloud連携は利用できなくなると思ったほうが良いです。ただし、iPadやMacやAir Podsのようにアプリの代替手段が豊富だったり、基本機能がほとんど使えるものもあります。

iPhoneからAndroidに買い換える場合、自分の持っているApple製品も見直してみると良いでしょう。

-Apple
-, , ,

© 2020 そうだ、メモを残そう