ガジェット

LogicoolマウスM590/M585のおすすめボタン割り当て(Mac編)

 

Logicoolのちょっといいマウスは、自分で好きなようにボタンを割り当てられるようになっています。これ、初めて割り当てを考える時、何十通りもあって試すのも大変ですよね?

この記事では、Logicoolのマウス、M590を1年以上使い続けている私のおすすめの割り当て設定を紹介します。M590で設定を行っていますが、ボタン配置が全く同じであるM585も同じ設定をすることができます。

 

注意:この記事はMacで設定を行っていますが、Windowsでも同様の設定を行うことができます。

 

 

まずは「Logi Options」をインストール

M590/M585のボタン設定を行うためには、「Logi Options」という専用のソフトが必要なので、インストールしましょう。「Logi Options」はここからダウンロード、または、googleで「Logi Options」と検索することで、Logicoolのホームページからインストールすることができます。

logicool

 

Logi OptionsはM590/M585のマウス以外にも、キーボードや他のマウスなどLogicool製品全版の設定を変更することができます。マウスを設定した後にキーボードなども設定を変更してみましょう。

 

Logi OptionでM590/M585のボタン設定をする

Logi Optionをインストールできたら、実際にM590/M585を設定していきましょう。設定したいボタンをクリックすることで、そのボタンの設定画面を開くことができます。

一つ一つ設定していきましょう。下に私の設定を載せておきます。

ボタン名設定
ホイール左右へスクロール
ホイール右左へスクロール
ホイールボタン中央ボタン
サムボタン上
(サイドボタン上)
ジェスチャーボタン
(下の図を参照)
サムボタン下
(サイドボタン下)
戻る

 

ジェスチャーボタンとは

ジェスチャーボタンとは「ボタンを押しながら、ある方向に動かすと動作」するボタンです。例えば、「サムボタンを押しながら右に動かすと、『コピー』する」などと割り当てることができます。

私の場合、ジェスチャーボタンをサムボタン上に割り当てています。割り当ては下のようにしています。

 

ポイント&スクロールを設定

ポイント&スクロールの設定では、いわゆる感度を設定することができます。設定項目はポインタのスピード(ポインタの感度)、スクロール速度(スクロール感度)、スクロール方向です。自分好みの感度に設定しましょう。

スクロール方向は「標準」と「自然」があります。「標準」はWindowsと同じ、ホイールを回した方向がスクロールされ、「自然」はMacの標準設定と同じ方向にスクロールされる設定です。私の場合、元々Windowsを使っていたこともありますが、「標準」設定にしています。

 

私のM590/M585割り当て理由

右スクロール・左スクロール

私の場合ですが、よく見るWebサイトやAdobe XDなどで左右にスクロールする必要があるため、ホイールの左右のボタンを左右スクロールに割り当てています。Adobe Illustratorなどをガッツリ使う方は左右スクロールボタンが必要だと思います。

左右スクロールが必要ない方は、「コピー」「ペースト」や、「戻る」「進む」、「デスクトップの切替」「ズーム」などに割り当てると便利です。

 

「戻る」を割り当てて「進む」を割り当てていない理由

私はM590/M585に「戻る」ボタンを割り当てていますが、「進む」ボタンを割り当てていません。理由はシンプルで、「進む」を使うことがあまりないためです。もし、「進む」が必要である場合、サムボタン上に割り当てると使いやすくなります。

 

ジェスチャーボタンについて

ジェスチャーボタンは1つのボタンで合計5つの機能を持たせることができますが、「ボタンを押す」「マウスを動かす」の2ステップが必要となります。少し扱いづらい気もしますよね?

この扱いづらさを解消するために、Macbookなどで元々MagicTrackPadを使っていた方は、ジェスチャーボタンに「デスクトップ切替」や「Launchpad」を割り当てることで、M590/M585マウスをより違和感なく使うことができると思います。

 

他のM590/M585割り当て機能

私が割り当てていない、M590/M585のおすすめ機能についてお話しします。

英語学習に役立つ「調べる」

英文など外国語の読み物を読む方におすすめです。調べるボタンを割り当てることで、単語を辞書でスムーズに調べることができます。

ちなみに、MagiTrackPadの場合、三本指でダブルタップすると同じ機能を使うことができます。

 

commandキーやshiftキーの代わりになる「モディファイア」

「モディファイア」では、マウスのボタンを「shift(シフト)」「command(コマンド)」「control(コントロール)」「option(オプション)」 の各種キーに割り当てることができます。ショートカットキーが使いやすくなるので、割り当てが余っている方は試してみください。

 

ダブルクリックや右クリックがボタンでできる「高度なクリック」

ダブルクリックや右クリックが苦手な方は「高度なクリック」を割り当ててみてください。「ダブルクリック」「トリプルクリック」「右クリック」「通常のクリック」を割り当てることができます。また、これらのクリックと組み合わせて「shift(シフト)」「command(コマンド)」「control(コントロール)」「option(オプション)」 の各種キーを組み合わせることも可能です。

 

まとめ・今回の一言

M590/M585はLogicool Optionを設定することで様々なキーを割り当てることができます。自分だけの便利な割り当てを探してみてください。

 

今回の一言

M590気に入りすぎて、上位の「MX Master」を買おうか迷っています。外ではMacbook Proのトラックパッドを使っているため、M590を持ち運ぶこともなく、少し大きいMX Masterでも困ることはなさそうな気がします。

-ガジェット
-

© 2020 そうだ、メモを残そう